荷物発送における費用相場について

荷物発送の相場は発送方法や重量によって異なります。メール便なら200円から400円ほどが相場です。

どちらが安い?荷物発送を業者に依頼するor自分で発送

業者はまとめて送る時に便利

発送業者は、集荷や梱包、発送と全ての工程を代行してくれるので便利です。まとめて送る場合は、交渉すれば割引料金にしてもらえることもあるほか、特約契約が結べれば送料をさらに引き下げることができます。まとめて送る時は業者を利用する方がお得でしょう。

少量は自分で発送する方がお得

1つ、2つの発送なら、自分で発送する方が安いでしょう。発送物に合わせてメール便と宅配便を上手に使い分けることで、お得に発送することが可能です。業者によっては、荷物を自分で営業所まで持込めば料金からいくらか割引して発送してくれることもあります。

何を送るかを基準に選ぼう

男性作業員

インターネットやスマートフォンを利用して、不要になったものを誰かに買ってもらうオークションやフリーマーケットは、今ではすっかりおなじみになりました。中には手に入れにくいコレクターグッズが出品されていたり、未開封のままの品を安い値段で出している人も多く、店で買う前に、こうしたオークションやインターネット上のフリーマーケットを覗くという人も少なくありません。こうした利用状況を踏まえ、インターネット上に商品を出品する人が増えています。めでたく取引が成立したら、出品者は速やかに発送する必要がありますが、その際に気になるのが発送方法です。近年、こうしたネット取引による発送件数が増えたことを踏まえ、各配送会社が様々な配送方法を新たに打ち出しています。したがって、送る品物が何かによって、適した配送方法が異なります。どの方法で送るかで迷った時は、送る品物が何かを基準に考えると、必然的に適した配送方法が決まってくるでしょう。

多くの選択肢が安さの理由

倉庫

発送という需要の増加は、配送会社各社に対して新たな課題をもたらしました。より多くの利用者を得るためにはどのようなサービスが必要かを考えさせることになったからです。その結果、各配送会社がそれぞれの個性を発揮しながら、似たようなサービスを打ち出しています。中でも、とにかく安い発送方法を選びたい人のために、小物を安い料金で発送できる方法が充実してきたのが特徴です。A4サイズの封筒に入れたり、専用のボックスを買って送るなど、梱包資材も複数選べます。専用ボックスを使う際は資材の購入費用がかかるものの、封筒よりも安全に送ることが出来ますし、配送会社によっては補償が付いている場合もあり、安心です。基本的に安い配送方法はポストへの投函になりますが、中には直接手渡ししてくれるタイプもあり、安いながらも機能が充実しています。

広告募集中